top of page

こどもたちが落ち着くマインドフルネスの呼吸法、研究で明らかに。

スタンフォード大学、カリフォルニア州立大学サンマルコス校、ペース大学などから集められた最近のマインドフルネスに関する研究を見てみましょう。


著者:Bグレース・バロック博士 2022年5月18日


(翻訳:ENVITA編集部、元記事:https://www.mindful.org/research-shows-mindful-breathing-can-help-kids-find-calm/)



マインドフルネス



穏やかな子どもたち


スタンフォード大学の研究によれば、ゆっくりとした深い呼吸を数回繰り返すだけで、、幼い子供たちを落ち着かせるのに役立つことが分かりました。


彼らは342人の幼い子供たちを無作為に選び、呼吸トレーニンググループと対照グループに割り当てました。呼吸トレーニンググループには、花の香りをかぐふりをして、ゆっくりと息を吸い込み、ろうそくを消すふりをしてゆっくりと吐き出す方法を教える1分間のアニメーションビデオを見せました。


もう一方のグループは、同様のアニメーション映像を見ましたが、呼吸の演習はありませんでした。


子供たちの生理的なストレスは、心拍数と呼吸性洞性不整脈(RSA:respiratory sinus arrhythmi)という2つの生物マーカーを使用して測定されました。RSAは、人が息を吸い込む時と吐くときに、心拍の速さが変化することを指します。RSAのレベルが高いほど、ストレスに対する耐性が増します。この研究では、わずか1分間の深呼吸でも、幼い子供たちが落ち着くのに役立つことがわかりました。呼吸法を教えられたグループの子供たちは、ビデオを見ながら心拍数が著しく減少し、RSAが増加しました。特に深呼吸が行われるビデオの後半に最も効果が現れました。対照グループの子供たちは、ストレスのどちらの指標においてもほとんど変化がありませんでした。(このビデオは、スタンフォード大学のウェブサイトで入手可能です。)



マインドフルネス

ストレスへの処方箋



彼らは190人の救急医療現場の医療スタッフに対して、持続的なマインドフルネス、不安、うつ病、社会的サポート、および生活イベントに関する調査を行いました。アンケートは、彼らが緊急医療現場で働き始めた直後、3か月後、および6か月後に行われました。


最初の時点でのマインドフルネスのレベルが高い人ほど、その後の生活で、不安、うつ病、社会的障害が少ないことが分かりました。職場のストレス、ネガティブなライフイベント、同僚からのサポートの低さなどがあったとしても、マインドフルネスのレベルが高いほど、うつ病を感じにくいことがわかりました。これは、マインドフルネスが救急医療現場の労働者たちが、職場のストレスによりうまく対処するのに役立つ可能性があることを示唆しています。



holding hands


お手伝いしましょうか?


カリフォルニア州立大学サンマルコス校で実施されたランダム化比較試験では、マインドフルネスのトレーニングを受けることによって、参加者が他の人種グループに対して助けを行うようになるかどうかを検証しました。


研究者は78人の白人女性を瞑想グループまたは偽の瞑想指導を行う対照グループに割り当てました。トレーニングの前に、誰もがマインドフルネス、共感性、協調性、黒人差別、社会的平等に対する態度を評価するアンケートに回答しました。


両グループはそれぞれ3日間、小グループで20分間の指導を受けました。「助けの行動」を評価するために、実験者は各参加者を椅子が1つだけの空の部屋に案内し、2つのシナリオが提示されました。


最初のシナリオでは、人が部屋に入り、一束の紙を落としました。2つ目のシナリオでは、松葉杖をついた人が入って壁に立ちました。両方の人物は黒人(アフリカ系アメリカ人)でした。これらのシナリオはおおよそ1分間続きました。


研究の初めに、すでにマインドフルネスの数値が高かった人々は、グループに関係なく、紙を拾ったり、松葉杖の人に椅子を譲るなどの手助けの行動を行う率が高いことが分かりました。マインドフルネスのトレーニンググループの人々は、対照グループよりも手助けを行う傾向がありました。そして、研究の初めにマインドフルネスが低かった人の中でも、マインドフルネスグループに参加した人は、トレーニング後に他人を助ける可能性が高くなりました。


これらの結果が男性や他の人種グループにも当てはまるかどうかを確認するためには、さらなる研究が必要です。



 

   <ENVITAの最新情報が週に1回メールボックスに届きます> ウェルビーイングに興味があっても、忙しい中で心を休め、

自分のために時間を取る習慣をつけるのはなかなか大変ですよね? そんなウェルビーイングの習慣を身につけ、

こなさなければならない作業の合間にも少しでもホッとする時間や

心身を整えるヒントをお届けしていきます。





bottom of page